レトロパチンコ★古留斎の“ためになるブログ”

今さらながらブログを始めました。ただいま試運転中です。

カテゴリ: 自分のため

平カギや流通キーはシリンダーに挿したままにしていると何かの拍子に折れてしまうことがある。

昔の機種は簡単に後ろから手で開けることができたが
今の機種はセキュリティが厳しくなり、カギ以外で開けるのが難しくなっている。

少しでもカギの頭が出ていればピンセット等でつまんで抜けばいいが中で折れると面倒。

写真はパチスロだがパチンコもだいたい同じ。よく見ると中で折れている。

原因は流通キーを挿したまま移動させようとしてぶつけたため。
170806オレカギ1
折れているがカギは挿さっている状態なのでマイナスドライバー等を使えば強引に回せる。
170806オレカギ2
開いた。

この後、詰まってしまったシリンダーを別の物に交換するやり方が一般的だが、それでは勿体ない。
170806オレカギ5
シリンダーを外してこのように持つ。
170806オレカギ3
ブンブン上下に振り回すと折れたカギが遠心力で頭を出した。
170806オレカギ4
これでシリンダーを再利用できる。

飛び出したカギでケガ等無いように気をつけること。

お竜さん(1995年・京楽)は丁半賭博のおんな壺振りをモチーフにしたラウンド抽選ハネモノだ。

15ラウンド大当り時の嗚咽のような笑い声は一度打ったら忘れられない。
JPG
お竜の元ネタは東映映画「緋牡丹博徒シリーズ」の主人公「矢野竜子」だろう。
170805お竜参上1
主演はこの人
170805お竜参上2
ところが映画のお竜さんは丁半ではない。手本引きという札を使った博打。壺は振らないのだ。

女壺振りは大映映画「女賭博師シリーズ」の大滝銀子だ。

このへんのいいかげんな感じがパチンコらしくて良い。

でも名作と名高い第6作「お竜参上」には壺を振るシーンがある。

借金のかたに浅草の興行権を渡すよう迫られた男を助けるため
単身乗り込み差しの勝負を挑む緋牡丹のお竜!

「渡世人は渡世人らしく盆の上の勝負にしていただけませんか?」

賭けるのは「命」と言って挑んだ丁半で勝負の前にサイコロ検めのために1回だけ壺を振る。

たったこの1回だけ。
170805お竜参上3
運命の一発勝負、お竜は「半!」・・・「勝負!」
170805お竜参上4
結果は丁。 「じゃあ、俺の勝ちだぜ」
170805お竜参上5
「そぎゃんでしょうか?」といってサイを調べようとするお竜。親はサイコロを隠す。
170805お竜参上7
ここで安部徹の憎ったらしい演技が光る。(いつも最後はボッコボコにされる)

「裸にでもなってもらいまひょうか?」
170805お竜参上6
ところが寸前で3個目のサイを見つけたお竜。やっぱりイカサマだった!
170805お竜参上8
このシーンの再現でしょうか?右が安部徹で左が名和宏か?
170805お竜さん役物
シリーズ屈指の名シーン「雪の今戸橋」
170805お竜参上9
今度はこのシーンをハネモノにしてほしい。玉はミカンでね。

たぬ吉くんの役物モーターが故障したためお竜さんに入れ替えております。
JPG
セルもコツコツ磨いて美白を取り戻しました。

以上、宣伝でした。

パチンコ台なら新ヤマト便で送れるかも?と量ってみる。

レトロ台
170617rリムジン
これが本当のエコですよ。ヤマト便OK。
170617rリムジンw
持ってて重いと感じたニューギン系
170617サゼン
もうちょっとだった。
170617サゼンw
少し古い機種。海スペ。
170617ウミスペ
ギリギリ
170617ウミスヘ
この機種はどうか?
170617セブン
意外と軽かった。ガラスがアクリルだからか?
170617セブンw
中古機の流通や小ロットの納品に支障が出るので
メーカーも50キロの壁を頭にいれて台を作ってほしいと思う。

それに軽くするということは節電以上のエコだ。


ヤマト便の重い荷物が佐川に大量に流れてきて一部のドライバーから不満が出ているらしい。

佐川の飛脚ラージサイズ宅配便も過去、
上限60キロから50キロに規格変更したことがあるので今後に
不安が残る。

また、ほぼ独占となった佐川急便がどのような対応に出るのか気になる。
すでに契約運賃などは断っているところもある模様。

パチンコ業者やパチンコ店の一部も混乱しているようだが
法人なら福山通運や日通のアロー便で運んでくれる。

でもあくまで企業間輸送がメインなので夜は運んでくれない、時間通り来れないこともあるなど
宅配便と同等のサービスを期待してはいけない。

そんなことを言っているとまたパチンコ、パチスロを送ってくれる業者が減ることになりかねない。


【追記】

佐川急便も9月20日から重さやサイズに関係なく「パチンコ台」「パチスロ台」の
取り扱いをやめるそうです。

普段、ほとんどヤマト運輸しか使っていなかったので間違ってたらすいません。

台を送る時の送料について。


アマゾンの荷物を引き受けすぎてパンクしそうになったヤマト運輸が宅急便の値上げを発表した。
170616ヤマトビン1
マスコミもこのことは大きく取り上げていたので
少々の値上げは仕方がないのかなと思った。みんなもそう考えたと思う。

ちなみに私はアマゾンを利用したことが無い。

先月、いつものようにパチンコ台をヤマトの営業所に持ち込むと
宅急便値上げのお知らせの下に別の張り紙を見つけた。
170616ヤマトビン2
あまり知られていないが「ヤマト便」とは「宅急便」よりも大きな物や重い物を運んでくれるサービスで
パチンコ、パチスロを送る時はヤマト便で送ることになる。
(大阪→東京50キロサイズ2,549円)

問題はこの部分。
170616ヤマトビン3
ヤマトが代替策として提案している「らくらく家財宅急便」は
今年の2月に規定が変更されパチンコ台・パチスロ台を引き受けなくなってしまった。
(大阪→東京Bランク5,292円)

クレーマーのせいだろう。

他にも大きな物や重い物を運んでくれる会社はあるが契約していない個人が送るとべら棒に高くなる。

個人で送るなら少々高くなるが佐川急便の「飛脚ラージサイズ宅配便」ならまだ送れそうだ。
(関西→関東180サイズ2,754円)

ただし重量は50キロまで。早速重さを量ってみることにした。

4号機の吉宗
170616ヨシムネ
ちなみにこの体重計は私が乗るとほんの少し軽く表示される。
170616ヨシムネw
重くて有名なユニバ系の5号機。
170616バジ2
ギリギリ佐川でOKか?メダルを入れて送るのは難しいかも。
170616バジ2w
電源が24Vの機種は軽い傾向にあるが・・・
170616テンセイ
30キロの壁は高い。
170616テンセイw
重い分離筐体に液晶2枚のド変態。
170616ナンゴク
たぶん実際は50キロ超えてると思う。
170616ナンゴクw
オリンピア以外は飛脚ラージサイズ宅配便で送れそうだ。

50キロを超えるとドライバーが2人の佐川急便「大型家具・家電設置輸送サービス 」になると思う。
(関西→関東180サイズ60キロまで2,992円)

ヤマトと佐川はそんなに料金の差が無いと感じるかもしれないが
料金計算方法が違うので同じ場所に2個以上送る場合、大きな差がでる。

例えば40キロの荷物2個大阪→東京へ送る場合
ヤマト便なら80キロサイズの料金(3,456円)となるが
佐川の場合40キロ(170サイズ)の荷物2つ(2,484円×2)となるからだ。

両社は計算のタイミングも違うので着払いの時も注意が必要だ。

ヤマトは送る時に料金を計算して伝票に書き込むが佐川は到着した所で料金を計算する。

だから例えば少しだけサイズがはみ出ているような場合、
ヤマトではおまけしてくれることがあるが佐川では交渉の余地が無くきっちりとられることが多い。

次回、さよならヤマト便(2)パチンコ編に続く

ラウンド数をデジタルで抽選する仕組みで大ヒットした「たぬ吉君2」 (1992年・京楽)

初代「たぬ吉くん」と言えばこの機種だ。

ラウンド抽選が無くチャッカーが電チューの2チャッカーしかない変わり種
「たぬ吉君」という機種も同時発売されていたがほとんど見なかった。


古台遺産を昨年リニューアルした時に導入しようと入手し
整備まで済ませていたが問題があった。
170502たぬ吉君_動作不良
一見、大丈夫そうだが回転体が回っていない。

チャッカーに入賞してハネが開放すると勝手にV入賞の動作になる。

その後、玉など入っていないのに即継続をラウンド数だけ勝手に繰り返す。
170502たぬ吉君_ダメ基板
京楽、奥村の台は基板不良が多いので、またかと思いそのまま保管していた。

最近になって運良くもう1枚メイン基板を入手することができた。
170502たぬ吉君_2基板
もう大丈夫だろうと基板を交換して電源をON。

ところが症状は同じだった・・・。嫌な予感がした。

こういう場合だいたい2つのパターンがある。

 (1)メイン基板は問題なくてセル盤側に不具合がある。

 (2)セル盤側に重大な問題があり、このセルに接続したメイン基板をことごとく破壊する。

だいたい(1)だが、まれに(2)の場合がある。

たぬ吉くんは複数所有しているが、そのメイン基板を使わなかったのはそのせいだ。

不具合の場所を特定するために正常な台や部品を使って
切り分けていくという作業は基本なのだが恐怖心がある。

過去にタダでもらった「ロックンビート」を修理しようとして3台お釈迦にしたことがあるからだ。

恐る恐るメイン役物裏のカバーを外すと信じられないことになっていた。
170502たぬ吉君_ハーネス
あきらかに1個ズレて挿さっている。

なんでこんな状態で送られてきたのか?

挿しなおすだけで正常に動作するようになった。
170501たぬ吉君_V
あの状態で通電して無事だったのは奇跡だ。

ただ、後遺症なのか向かって左側の電飾が暗くなってしまっているが
遊ぶのには問題ないので古台遺産へ設置することにした。

セルの特定の部分に痛みがあるもののトータルでは美しさを保っている。

でもこれも見納めだろう。
170502お竜さん
美品だった「お竜さん」も稼働させるとこうなってしまうからツラい。

循環改造台のこの汚れは通常の汚れと違ってセル用クリーナーでは落ちない。

研究の余地がある。

このページのトップヘ