エレメカ 「国盗り合戦」修理 おしい編

前所有者がプーリーにCRCか何かを注油してしまっているようでコテコテになっていた。

これが原因で滑りが悪くなっている。バネとプーリーを脱脂・洗浄した。
170424国取り合戦2
バネを外すとあきらかに伸びていた。
170425国取り合戦1
まず、このバネを修理することを考える。

バネを製造する時と同じように焼きを入れるのだ。


バネの伸びてしまっている部分に針金を通す。

本当はもっとバネの穴ギリギリの太さのものが良い。
170425国取り合戦2
縮めた状態にして軽く火で炙る。写真は失敗例。炙りすぎだ。
170425国取り合戦3
はじめは一応うまくいった。
170425国取り合戦4
1回目ライターで軽く炙ったらとりあえず動作OKの状態になった。

しかし、まだ停止時の波打ちがあり不安だったのでもう一度焼きを入れることにした。

その時、作業性を考慮して上の写真のように自立するトーチバーナーを使用したら
焼き切れてしまった。

同じようなバネを探すか、代用品を使うしかない。


(3)につづく