レトロゲーム 「国盗り合戦」

1980年にコナミ工業が製造し、子会社のレジャックが販売した駄菓子屋のスーパースター。

調子が悪いというモノを入手してそのまま放置していた。

寝かせていても勿体ないので、イベントで使うことにした。
170424国取り合戦1
電源を入れると普通に遊べた。

しかし、数ゲーム遊ぶと右の絵柄回転盤がお姫様で停止したまま回らなくなり
100%クリアできる状態となってしまった。


中はこうなっている。1つのモーターで両方の回転盤を回している。

真ん中のプーリー(白い部分)に溝が3つあるのが凄い。もう1つ回転盤を実装できる。

パチスロ黎明期に短期間だけ存在したロータリーゲームの機構をそのまま流用しているのだ。

興味のある人は「ロータリーゲーム」「ロタミント」で検索してほしい。
170424国取り合戦2
伝動機構はバネを輪っかにしたものを使っている。これが純正なのか不明。

ただ、ケースにバネと記載されているのでこういうものなのか?
170424国取り合戦3
回転盤を停止させる時はソレノイドが作動し
裏の溝にストッパーの棒を押し込んで物理的におさえて止める。

この時、停止している側のベルト(バネ)は滑っている状態になる。
170424国取り合戦4_2
回転盤の裏にはもう1つ穴の開いた小さな回転盤があり
停止後に光センサーで出目を読み取っている。

いろんなオカルトや被害妄想が存在するが、驚いたことにどうやらガチ抽選のようだ。


滑っている状態の時にバネが波打ってきて、やがてプーリーから外れてしまった。
170424国取り合戦5

これが原因だ。


(2)につづく