レトロパチンコ★古留斎の“ためになるブログ”

今さらながらブログを始めました。ただいま試運転中です。

2017年01月

170123kodai_logo

入口の空筐体に修理が完了した「CRF・大ヤマト2 ZF」を増台。
170123daiyamato
「CRフィーバー大ヤマト2 ZF」(三共・2004年)

確変デジパチ
大当り確率 1/496.5
確変割合 68%
時短 全ての大当り後100回


フィーバーパワフルIIIの液晶が映らなくなったので入替。
170123marmaid
「マーメイドSP」(三共・1995年)

権利物(3回セット)
大当り確率 1/300

昨年末に入れようとして整備していたが
それどころじゃなくなったんでペンディングしていた台。

当時あまり打たなかったが、なぜか業界人の中にこの台をリクエストする人が多い。

本当はフィーバークィーンIIを入れるべきだがドラムが割れてるので無理。


【設置機種】
・CRフィーバー大ヤマト2 ZF (2004年・三共)
・CRミニスカポリスX (2002年・大一)
・CR蒼穹のファフナーFZ‐Vi (2009年・三共)
・CRおそ松くんFN66B  (2004年・大一)
・CRA信長の野望N-K (2008年・ニューギン)
・おばけらんどSV (2000年・ソフィア)
・ファンキードクター (1995年・マルホン)
・綱取物語 (1993年・平和)
・エキサイトジャック2 (1993年・ニューギン)
・ルパン三世V (1998年・平和)
・CRフィーバービーチ (1995年・三共)
・CRモンスターハウス (1996年・竹屋)
・CR海物語3R (1998年・三洋)
・CR花満開 (1993年・ソフィア)
・ホー助くんDX (1997年・平和)
・アクダマンSP (1996年・三共)
・マーメイドSP (1995年・三共)
・ポールポジションⅠ (1994年・三共)
・CRニューロードスター (1997年・三洋)


以上、宣伝でした。

明日15日大阪天王寺駅北口すぐ「天王寺ホール」で行われる
「いぶし銀倶楽部」の実戦取材に参戦します。

予定機種はもちろん私の大好きな「餃子の王将3」(豊丸)

参加者はパチンコオリジナル必勝法(辰巳出版)で活躍中の人気ライター
「運留さん」、「珍留さん」、不肖わたくし「古留斎」
あと誰か来るかもしれないということです。
140114unchinruka
写真は去年のなので瑠花ちゃんが来るかは知りません。

この人たちはとても気さくでいい人なので遠くから見ていないでお気軽に声をおかけください。
シャッターなら私がお押しします。

雪だけが心配です。お気をつけて。

以上、宣伝でした。

メンテ CRF大ヤマト2 起動しない(2)【完了】 からの続き

とりあえず残りのコンデンサも交換してみることにする。

ここで問題が発生した。

コンデンサに使われているペーストハンダがなかなか解けない。

大きいコンデンサは見えてる部分が解けているように見えても底の部分が解けない。

そうこうしていると熱の影響で基板のパターンが剥がれてしまった。

とりあえず基板の緑色の部分を針で削ったりハンダを盛ったりして回路を修正して何とかなった。
170111daiyamato(14)
その後は基板を損傷しないようにハンダごてで温めながら横方向に力を加えることにした。
すると今度は手元が狂って極細のLSIの足を曲げてしまった。

あきらかに隣の足と接触している。
170111daiyamato (8)
足の細さは0.2mmくらい。隣との隙間はもっと狭い。

針の先で修正を試みたが一度曲がってしまった足は戻そうとすると反対側に接触してしまう。

だんだん足が折れそうになってきたので隣と接触してるか微妙なところであきらめて
決死の動作確認をしたがなんとか無事なようだ。

もう後には戻れないので半ば強引にコンデンサを交換しながら動作確認を続けていると
突如カノン役物が動き、画面に朝一出目が現れた。
170111daiyamato (9)
その後、一晩寒い倉庫で寝かして通常どおり起動することを確認。

余力があればここから交換したコンデンサを一つずつ戻して
犯人捜しをするのだが今回はやめておいた。

今回、コンデンサを交換した順番は以下の写真のとおり
170111daiyamato (12)
次に交換することがあれば逆の順番でやったほうか効率が良い。

残りのコンデンサも購入してあり全部交換するつもりだったがリスクが大きいので保留。

修理内容は必ず現物に記入して記録を残す。
170111daiyamato (10)
特に違う部品を使った場合は元の部品を基板に直接書き込むこと。

これで古台遺産に設置できそうだ。

まずはじめに私は電気的な知識をどこかで学んだことはほとんどない。
中学校の技術の時間に習ったくらい。

我流でハンダ付けはできる。テスターで電圧を測ったり、導通を確認する程度ならできる。
そのくらいのレベル。

ただ、パチンコ台は山ほどいじっているので場数は踏んでいる。
そこで得た経験上のやり方がほとんどだ。


CRフィーバー大ヤマト2(2004年・三共)でよくある事象。

「起動時に液晶がバグって起動しない」

古台遺産に少し新しい機種を入れる必要が出てきたのでリニューアル時に導入したかったのだが
別の仕事が入ってきたり作業場の問題で12月中ごろから始めて約1か月かかかってしまった。

古台遺産は少人数での運営を強いられているので前回の記事のように毎日温めるなど不可能。
170111daiyamato(1)

今回は修理して普通に起動するようになることをめざす。

先に言っておくとこの作業は冬場に寒い部屋でやらなければ意味が薄い。

趣味で所有していてたまに遊ぶ程度なら
前回書いたドライヤーで温めて起動させる方法をおすすめする。

メンテ CRF大ヤマト2 起動しない(1)【完了】

なぜなら壊してしまう可能性が高いからだ。

実際、今回も2回ほど再起不能になりかけた。
大丈夫だったのは運が良かっただけだ。


【普通に起動するように修理する方法】

寒くなると起動しないのならコンデンサの可能性が高いと思い
小型のヒートガンで1つ1つ温めながら動作確認したが犯人はわからなかった。

とりあえず悪そうなのを全部交換していくことにした。
170111daiyamato (4)
基板中央よりやや下を温めると起動しやすいように思えた。(勘違い)

ここには小さなコンデンサがある。

写真の丸くて銀色のが面実装タイプの電解コンデンサだ。
ちなみに下の二つは無極性(BP)タイプだと思う。

右にある黒くて大きな筒状のは普通の電解コンデンサ。

面実装コンデンサはメーカーによって表示が違うので耐電圧と容量がわかりにくい。
書いてある数字から推測して買う。

16V10uFかと迷ったが他のコンデンサの表記や大きさを比べて10V16uFを選択した。
170111daiyamato (5)
あと47uFだと思ったが大きさが違いすぎるものもあった。
よく見たら表示が「.47」だったので0.47uFにした。たぶん正解だろう。

面実装コンデンサは取り付けが難しいので普通のコンデンサの足をまげて使う。

105℃品に拘った時期もあったが85℃品で十分だ。

足が長くなるので絶縁チューブで必ず絶縁する。ビニールテープではダメ。
ケースに戻す際に曲げることになるから必ずやる。やらないとショートする。
170111daiyamato (7)

経験上小さなコンデンサは劣化しやすいと思っていた(真偽不明)のでまずこれらを全部交換した。

面実装コンデンサは2本のハンダごてで同時に足のハンダを温めると取れる。
ただ結構な時間温めなければならないので他の部品が熱で壊れないか心配になる。

基板を立ててやるとポロっと落ちる。
落ちたコンデンサは手に持てないくらい熱いので注意。

外した部分にハンダを盛って新しいコンデンサをハンダづけする。
もちろん極性に注意。
170111daiyamato (11)


小型のコンデンサがある赤丸の部分をすべて交換したが起動しなかった。

メンテ CRF大ヤマト2 起動しない(3)【完了】 へ続く

CRフィーバー大ヤマト2(2004年・三共)でよくある事象。

「起動時に液晶がバグって起動しない」
170111daiyamato(1)
2015年まで上本町のハイハイタウンに「ニュー天山閣」というホールがあった。

ちょっと懐かしい機種がたくさん残ってるのが売りでCRF大ヤマト2も1台設置されていたが
冬に行くと 「冬場は画面が出ないので春までお休みします」 といった内容の張り紙がしてあった。

これがヒント。


【とりあえず起動させる方法】

液晶裏の基板を温めてから電源を入れる。
温めるのはド真ん中よりやや右のあたりがベストと思われる。

人によってはホッカイロ、ホカロンなどを貼るという人もいるがドライヤーが良い。

なぜなら一度起動すればあとは温める必要はないから。

それに基板が熱くなると熱暴走や他の故障が出る可能性が高くなる。
170111daiyamato (2)
電源を入れて役物の電飾が復活すればもう少し。

写真では透明の基板ケースが外してあるがケースの上からで良い。
ケースの穴から吹き込ませる感じ。

再び電源を落として温める。
170111daiyamato (3)
普段は見れないROMチェック画面が出ることもある。
ここまで来ればゴールはかなり近い。

電源を落としてあとちょっとだけ温めれば起動する。
170111daiyamato (9)

一度起動すればもうバグったりはしない。
今のところ。


【現役で設置しているホールの方へ】
台の裏あたりに樋用のヒーターを設置して朝だけ電源が入るようにしておけばいいと思いますよ。
末永く設置されることを希望します。

このページのトップヘ